MENU

福祉用具のレンタル・販売

福祉用具専門の相談員が、介護する人・される人の身になってお手伝い致します。

バリアフリー・住宅改修

手すりの取り付けや段差解消、洋式便器への取り換えなど、エースワンでは介護保険で出来る住宅改修に対応します。

創業20年の安心

創業20年・ビルの老衰化を機に、店舗を移転しました。心機一転より地域の皆様に貢献できるよう努力致します。

エース・ワン㈱は平成11年4月より、灘区永手町1-1-184のJRの高架下で店舗を併設して、介護レンタル事業を展開しておりましたが、つねづね移転先を探しておりました。

この度、好立地の場所の契約ができ令和元年9月24日に移転オープンさせて頂きました。

場所は地図の通り JR六甲道駅及び阪神新在家駅から徒歩でそれぞれ4~5分ぐらいの距離で「パニエ六甲」をはじめ高層の建物が林立するところです。

〒657-0036
神戸市灘区桜口町2丁目3番11号
エース・ワン株式会社
代表取締役 稲田 弘
介護保険事業所番号2870200256

新店舗とあわせて、代表取締役も仲平好房から稲田 弘(ひろむ)へ若返りを致しました。

新社長 稲田 弘は、学校卒業後、金融機関、食品商社に勤務のあと平成20年4月エース・ワン㈱ 入社。取締役を経て、令和元年6月代表取締役就任致しました。

介護を必要とする両親の面倒をみながら、営業一筋頑張ってまいります。創業者の仲平好房、塩見 恒も取締役として新社長を全面支援してまいります。  皆様には、今後ともご支援、ご指導をお願い申し上げます。

私達のエース・ワン㈱について、ご説明いたします。

エース・ワン㈱はパチンコ屋さんではありません。

警備保障会社でもありません。

スポーツ用品店でもありません。

エース・ワン㈱は、介護用のベッドや車いすなど高齢者の方の生活が楽になり、また介助をされるご家族の皆様が楽になるように、介護ベッドや車いす、歩行器、手すり、つえ、スロープ、床ずれ防止用具など計13種類の介護用具を介護保険で1割(収入により2~3割の負担があります)のご負担で、レンタル(貸与)ができるように、ケアマネジャーさんと一緒になってお手伝いをする会社です。

再利用には抵抗感のあるポータブルトイレやシャワーチェアなど排せつや入浴にかかわる5種類の福祉用具はレンタル(貸与)の対象外で販売のみになります。

ご利用負担額は1割(収入により2~3割)で年間10万円まで使えます。

また病院や老健など施設から退院をされて、ご家庭で病院や老健と同じような生活ができるように、手すりの取りつけ、段差の解消、引き戸等への扉の取りかえ、洋式便器への変更等の住宅改修工事のお手伝いをいたしております。

ご利用負担額は1割(収入により2~3割)で上限額は20万円です。

これらの制度を利用するには、市や区の介護保険課や地区毎にある「あんしんすこやかセンター」にまず相談をされ、介護保険の要介護認定を受けることが第一になります。

エース・ワン㈱というハイカラな社名ですが、平成12年4月1日介護保険制度がはじまる1年前からこれらの介護事業をはじめました。

高齢者の介護を手助けする福祉用具のレンタルや販売、そして介護保険制度に基づく住宅改修工事等で『地域に密着して地域に貢献ができ、地域で一番信頼される会社にしようや』という意気込みで〝エースで一番〟エース・ワン㈱として発足し、以来延約5000人の介護支援にかかわり、今年で20年を迎えました。

永年のご愛顧、ご支援に対して心から感謝申し上げます。

つい先日、読売新聞に「介護保険の福祉用具レンタル」という記事が掲載され、うまくまとめてありましたのでご紹介いたします。

【画像クリックで拡大】