大きくわけて要介護1の方と、要介護2~5の方でレンタルできる商品が異なります。要支援1~2の方は、要介護1の方と同じモノがレンタル可能です。

ただし条件に満たない場合でも、医師が必要と認めた場合はその限りではありません。

*【スマホからご覧の場合は左右にスクロールしてご覧ください】
項目要支援要介護
12345
車いす
車いす付属品
特殊寝台
特殊寝台付属品
床ずれ防止用具
体位変換器
手すり*
スロープ*
歩行器
歩行補助杖
認知症老人徘徊感知器
移動用リフト
自動排泄処理装置(尿のみ)

*手すりとスロープは工事を伴わないモノに限る

要支援1~2、または要介護1の方でも、医師などが必要と認めた場合は、要支援2~5の福祉用具をレンタルすることが可能です。

メーカーや機能ごとに商品はたくさんありますが、大きくカテゴリ分けをしますと、要介護1または要支援1~2の方がレンタルできる商品は下記の5点に限られます。

  • 手すり
      工事を伴わないモノ
  • スロープ
      工事を伴わないモノ
  • 歩行器
      歩行の支えとしてフレームが左右・前にあるモノ
  • 歩行補助杖
      松葉杖・多点杖・ロフストランドクラッチ
  • 自動排泄処理装置
      尿のみを吸引するモノ
【画像クリックで拡大】

※月額レンタル料とは、要介護認定を受けていない方が実費(100%自己負担)でレンタルされる場合の料金です。

要介護認定を受けられている場合はレンタル料の1割から3割(要介護度による)でご利用可能です。上記のご利用負担額とは1割負担の場合を想定して表示しております。

上記の5項目に加えて下記の8項目についてレンタルすることが可能です。

  • 車椅子
      自走用・介助用・電動車いす
  • 車椅子付属品
      クッション・電動補助装置・テーブル・ブレーキ
  • 特殊寝台
      背上げが高さ調整のできるモノ
  • 特殊寝台付属品
      介助ベルト・手すり・マットレス・サイドレール・テーブルなど
  • 床ずれ防止用具
      エアマットレス・ウレタン等の体圧分散マットレス
  • 体位変換器
      体の下に挿入し動力によって体位を変換することのできるモノ
  • 認知症老人徘徊感知機器
      ある地点を通過したときや離床時に通報する装置
  • 移動用リフト
      人を持ち上げ移動させるモノ
【画像クリックで拡大】

※レンタル自体は要介護認定を受けていなくてもレンタルすることができます(100%自己負担)。月額レンタル料とはそのケースのことです。

要介護認定を受けられている場合はレンタル料の1割から3割(要介護度による)でご利用可能です。 上記のご利用負担額とは1割負担の場合を想定して表示しております。

要支援や要介護認定を受けていないとレンタルできませんか?

買取りよりもレンタルのほうがお得ですか?

レンタルできる介護用品は大きくわけて上記の13項目だけですか?(他の商品はないですか?)

私は要介護1ですが、車椅子をレンタルすることは出来ませんか?